白梅幼稚園

【幼】子どもの作品展

第52回 こどもがつくる世界

※各作品をクリックすると大きな画像とコメントをご覧頂けます

3才児(絵画)

ドクターイエロー いま国分寺走ってる パパかいしゃいってる。ママおなかにあかちゃんいるの。みうちゃんチョコたべてる。 「きょうりゅう。はもかいた!」 「おとうさんかまきり」 おとこのこのうさぎさんとおんなのこのうさぎさん。おんなのこはりぼんがついているの おひさまマークのめなの。えっちゃんはゴムひとつ スーパーレスキュー おかあさんがどんぐりむしのあかちゃんいっぱいうんだの

3才児(造形)

どんぐりジュース どんぐりを石で叩いて割ってみたり、細かくして、思い思いのどんぐりジュースができました のりもの 一学期から毎日作っていた電車。仲間との葛藤がありながら駅やモノレールができ、のりものの世界が広がってきました のりもの 一学期から毎日作っていた電車。仲間との葛藤がありながら駅やモノレールができ、のりものの世界が広がってきました どんぐりジュース どんぐりを石で叩いて割ってみたり、細かくして、思い思いのどんぐりジュースができました 毛糸と色紙を使ってのラーメン作りから、ラーメン屋さんができました。お客さんがくると注文をとってくれて、ラーメンを電車で運んでくれる子もいます 散歩に行って拾ってきたどんぐりを使って「どんぐりすべり台を作りたい」の声が挙がり、トイレットペーパーの芯をつなげて作りました。「ころがった!」「だめだー!」と何回も試して 毛糸を使っての髪の毛やさん。はさみで毛糸をチョキチョキと切ることに熱中し、できた髪の毛の下に顔を描くことも楽しんでいきました。繰り返す中で、自分で出来ることが増えていきま 「わにわにのおおけが」という絵本に出てくる携帯電話を作りました。友だちが作っているのを見て刺激を受け、「ぼくも作りたい」「むずかしい・・・」とつぶやきながら、難しいことに お店屋さんごっこ...かき氷、たこ焼き、麺などさまざまなお店を開いて楽しんでいます。お客さんはお財布をぶら下げて買いに行き、お店屋さんとのやり取りを楽しんでいます お店屋さんごっこ...かき氷、たこ焼き、麺などさまざまなお店を開いて楽しんでいます。お客さんはお財布をぶら下げて買いに行き、お店屋さんとのやり取りを楽しんでいます 幼稚園のお外...滑り台、ぶらんこ、砂場など、子ども達が好きな幼稚園の園庭を思い思いに作り、トイレットペーパーの芯に顔を描いた人形で遊んで楽しんでいます 幼稚園のお外...滑り台、ぶらんこ、砂場など、子ども達が好きな幼稚園の園庭を思い思いに作り、トイレットペーパーの芯に顔を描いた人形で遊んで楽しんでいます 病院ごっこ...救急車を作って病院にはこびます。お母さんの出産をきっかけに入院がはじまったり、洋服にキューピーをいれての出産ごっこもはじまりました 病院ごっこ...救急車を作って病院にはこびます。お母さんの出産をきっかけに入院がはじまったり、洋服にキューピーをいれての出産ごっこもはじまりました キャンプ ホテルごっこ...ままごとの道具をカバンやリュックにつめて、キャンプやホテルにでかけていく子どもたち。お肉を焼いたり、釣ってきた魚を焼いてあそんでいます キャンプ ホテルごっこ...ままごとの道具をカバンやリュックにつめて、キャンプやホテルにでかけていく子どもたち。お肉を焼いたり、釣ってきた魚を焼いてあそんでいます

4才児(絵画)

「目がないゾウが、サッカーしてる。スポーツクライミングしてるんだ。そしたら、ウンチした」 キリンを描いた後、コンテで色をつけ、指でこすると広がることに気がつきました。自分なりの表現の仕方でキリンを表現していきました きりんはくさたべてるんだけどペリカンときりんのあかちゃんがたたかおうとしてた どうぶつえんできょうりゅうにたべられちゃったどうぶつがほねになった

4才児(造形)

妖精たちが飼っているペガサスやユニコーン、人魚です。この子たちと一緒にお出かけをします 今年は恐竜が好きな子たちが多く、空き箱で作りました。園庭やテラスに連れ出して遊んでいました 恐竜を描くことも好きでした。最初は、保育者に手伝ってもらう事が多かったですが、自分で描いていくようになりました バスや電車は、ホールや園庭で思い切り遊びました。「こどもがつくる世界」では、園庭に展示しました 夏休みハワイアンズへ行ったことから始まった、きりん組フラガールズ。クラスのお母さんに踊りを見せてもらいそこから自分達でも踊って衣装を作りショーをするように。 電車大好きな男の子たち。身近な西武新宿線の電車、線路、駅などを作って走らせました「電線もあって路線図とかもあるんだよ」次々に作っていきました 虫や動物に興味しんしんの子どもたち。自分達でクワガタやカブト虫、チーター、ライオンを作って、木やジャングル、砂漠を作ってそこで遊んでいます。 「たこは海で泳いで縄跳びもするんだよ!」自分達の楽しんでいることをたこに重ねて表現して楽しそうに大縄を跳ばしていました。

5才児(絵画)

「みのむし、かわいいから、はってみた」 「メタセコイア」 バタがえさをたべているところ えさをたべながらそらをみているよ えさをたべようとしているんだ

5才児(造形)

いろいろな種類の恐竜がいます。恐竜がブームになり、ダンボールでその恐竜らしく工夫して作ったり、ジャングルや火山など仲間とイメージを出し合いながら恐竜の世界も広がっていきま ケーキ屋さんに、それぞれのお家からお客さんがやってきました。小さな人形を動かしながら、自分たちの作ったものを使って仲間とのやりとりを楽しんでいます 1学期からダンボールの上に作っていた線路。遊び続ける中で、高架化したり、「もっと長くする!」とテラスへとつながっていきました。電車も「こうなってるんだよ」と大好きなものへ�� ディズニーランドにつくった、観覧車。本当に回転するように考えて作っていました! 恐竜の町。「恐竜は昔の時代にいたんだ。今の世界から、タイムスリップできるトンネルを作ろう!」と考え、世界が広がっていきました 野球場であそぶ子ども達。ボールを打って、試合します ディズニーランド、ドレスを売ったり、ポップコーンも売っています 1学期から「妖怪」というテーマを通して様々なあそびを展開している子たち。画用紙や工作で妖怪を作り続けていて、妖怪の住んでいるところを自分たちで「ばっしゃんごでんだん」と名
pagetop